macoの備忘録 今日もマイペース

日々のあれこれを書き留めています。

カテゴリ: 読書

今日は思ったより晴れ間があり、数日ぶりに外に洗濯物を干しました。
なんとか乾きそうだったので、トイレマットなども洗って干し、ちょっとスッキリ。
また明日から雨予報ですね。また心配な雨がやってくるのか・・・


先週発売された『毀滅の刃』21巻(吾峠呼世晴・作 集英社ジャンプコミックス)です。

DSC03060_01 (2)

もう何回読んでも泣ける。
前回までの内容で、こうなることはわかっていましたが・・・それぞれの兄弟の思いや壮絶な戦いで失った命を胸に抱えて、生き残った彼らの最大の鬼を倒す総力戦が始まります。
そして炭治郎最大のピンチ!(最終的にはだいじょぶってわかってますけど)


本屋での新刊コーナーで、「これだけ積んどきゃ、文句ないでしょ?!」ってくらいの21巻の山でした。
今まで見た他のどのコミックスよりも多かった!すごかった! あれは『one piece』の比じゃないですね。
しかも、通常版と同じくらいの特装版の山! 特装版なんて、通常版の5分の1程度置いてあるのが今までの風景でしたが、ほんとにすごい!
人気っぷりがわかります。



ご訪問ありがとうございます☆

広島ブログ





『SPY×FAMILY』遠藤達哉 「少年ジャンプ+」連載


某国の凄腕スパイが、ある目的のため「家族」を作ることに。
何も知らずに施設から引き取った娘は、心を読む超能力者。
形だけの夫婦となった妻は、実は暗殺者。
3人家族のちぐはぐなようで、絶妙なやりとりがおもしろいコメディです。

DSC02939_01

評判通りおもしろいです!

お互いの仕事や能力を知らないまま、利害が一致して家族のふりして暮らす3人。
これから暮らしていくうちに起こる出来事や、心の動きなどが楽しみです。
目的が達成されたとき、この「家族ごっこ」がバラバラになるのか、それとも?と先がどうなるのか、まだまったく見えないところも楽しいですよ。

いつか実写化されそうな予感・・・。(;^_^A ウ~ン・・・



ご訪問ありがとうございます☆

広島ブログ





先日発売された『鬼滅の刃⑳』です。

DSC02929_01

柱の殉職や柱や鬼の過去のエピソードに毎度泣かされ、家族や仲間を思う鬼殺隊に泣かされ・・・毎号なにかしらボロボロになる漫画。
何度読んでも、アニメ見ても、いいわ~おもしろいわ~って思いますよ。


昨日から時折激しい雨が降っていますね。ちょっと肌寒いです。
風邪引かんように気を付けよう。

今週は暑い日が多かったですが、やっぱりマスクが暑く感じられてきました。
無言でも暑いけれど、たまたま人と出会って、間隔開けつつマスク越しにちょっとおしゃべりしたんですが、さらに暑くなりましたもん。熱中症体質にはたまりません。
真夏が思いやられます。(;´Д`A ```



ご訪問ありがとうございます☆

広島ブログ




娘が買ってきたので、私も読んでみました。

DSC02914_01

六法(憲法、民法、商法、刑法、民事訴訟法、刑事訴訟法)を、子どもにもわかりやすい文章とイラストで解説してある本です。
それでも、高学年以上じゃないと難しいかな・・・
小さい子には、大人が「こういう意味だよ」と会話しながら読むとよさそうです。

読んでみると、大人にちょうどいいんじゃないかと思いました。
六法だなんて難しすぎて敬遠しますが、これならわかりやすく読みやすいです。
民事訴訟法や刑事訴訟法なんてほとんど縁がないので(TVの中で見聞きする程度かなぁ)こうやって読むのは初めてかもしれません。

子ども向けということで「いじめ防止対策推進法」にも触れていました。
掲げてあることはとても心強い内容ですが、学校が隠蔽したり、対応しなかったりというニュースも多いので、子ども自身がこういう法律があり、助けになることを知るのはいいことだと思います。



ご訪問ありがとうございます☆

広島ブログ



本屋に立ち寄ることもなくなった最近・・・
amazonで購入しました。

まず、俳句を学ぼう・・・

DSC02878_01

センスゼロでも作れます!の文字が心強いです。
確かにわかりやすい内容でした。秘英知くんのド素人っぷりが、自分ろリンクしてました。
何も知らないで何句か投稿しましたが、先に読んでおくべき教本でした。(;´Д`A ```
順番が違ってますけど、きっかけがきっかけだっただけに、そこはごめんなさい。


続いて、

DSC02879_01

初めての作家さん。
長編で時間がかかりそうで後回しになってます。(;^_^A


続いて、

DSC02853_01

SNSで連載されて話題になりました。
私も途中からリアルタイムで読んでいましたが、約束通り100日目で完結した4コマ漫画です。
話題になったことで、早速書籍化や映画化が発表され、賛否両論、いろいろと波紋を呼んだ作品ではありますが買いました。
成功者への反動なのか、やたら厳しい言葉も飛び交っているようですが。考え方は人それぞれです。
(お金の匂いがするところに、人は集まるのでしょう・・・)

淡々とした日常の他愛のないお話ですが、明日何が起こるかわからない人生・・・悔いのないよう生きたいなと、あらためて感じた本でしたよ。
映画化まではしなくてもいいかもね。本ならではの余韻で充分かも。


そして・・・さらに追加で買ったのが、

DSC02900_01

俳句にドはまりしとるやないかーい!(;・∀・)




ご訪問ありがとうございます☆

広島ブログ



広島の患者があちこちの病院にかかり、ようやく新型肺炎とわかったとの報道に、全国第一号でもないし、それなりの厳戒態勢であったのに、どこの誰も本人も?「保健所に一報」とか「検査してみましょう」という対応がなされなかったことは驚きました。重症ではないとのことですが、その間しんどかったでしょうね。


新刊が出たので、早速読みました。(ネタバレちょっとあり)

まるで自分の子たちの奮闘に手に汗握るように読み進めて・・・ついに訪れたその瞬間、えっ!!??
涙が出ました。( ノД`)
烏野高校、春高バレーが終わりました。

そこからの展開は、まったく予想していなかったもので・・・マネージャーの回想でその後の2年がさらっと描かれて、そして彼らの卒業後の話になります。

優勝できなかったという展開に、ちょっと『スラムダンク』を重ねたりして。
まぁ昔ならまだしも、今の時代、大会優勝☆してよかったね~なんていう完結はありえないわけで。
でも、熱い春高バレーの戦いが満身創痍の状況で終わっていくのは、ちょっとつらかったです。胸が締め付けられました。ファンタジーよりリアリティーを感じるスポーツ漫画。

けれど、その後の話で、日向くんの海外でのビーチバレー修業や及川くんとの再会など、ファンにとっては思いがけない展開にワクワクさせられました。このままでは終われないよね。
負けて学ぶことは大事、そうできる人でありたい。

鴎台高校との準々決勝の前、音駒高校との対戦が私は楽しみにしていたので、それが実現できたのと、鴎台の「小さな巨人」に圧倒されたのと、強豪各校の名プレーヤーたちとのせめぎ合いはどれも見事でした!メンバーの成長も感じました。ありがとう烏野高校!


DSC02725_01

あっ、まだ連載は続いてますよ。



ご訪問ありがとうございます☆

広島ブログ









繊細なタッチで猫や動物のイラストを描かれるヒグチユウコさんの絵本(ブロンズ新社)です。

DSC02448_01

ヒグチユウコさんの絵本がある!と知って、早速図書館で借りてみました。

動物じゃないイラストが新鮮です。
かわいい女の子がとてもかわいくて、何とも言えない絶妙な表情がたまりません。
動物も描かれています。それが好きになったお相手なんですが・・・見え方は人それぞれかもしれませんよ。傍から見たらこうでも、好きになると他のものが見えているのかも。心理的にも、物理的にも?
人でも物でも、恋するってきっとこんな感じですよね。

中学生以上からが読み頃じゃないかな、と思う絵本です。



ご訪問ありがとうございます☆

広島ブログ



先日発売された新刊・・・



どちらも「しびれる」展開でした!(≧▽≦)
(以下、ネタバレ含みます)

『3月のライオン』14巻(羽海野チカ 白泉社)

同作家さまで『ハチミツとクローバー』という作品があるんですが、私の中では漫画ベスト3に入る大好きな作品です。
その登場人物が、なんと!『3月のライオン』にご出演!
嬉しい、嬉しすぎるサプライズでした!(≧▽≦)

「職業団体代表将棋大会」に参戦してきた「藤原デザイン」の懐かしい面々・・・
山崎くんがへんなジャージを着て登場したところで、えっ?!これはもしや!?と思ったら、期待以上の絡みでもうすっごくおもしろかった☆
「ハチクロ」のその後まで及んでいて、ファンにはたまらない149~152話でした。
羽海野先生、ありがとうございます!


『ハイキュー!!』35巻(古舘春一 集英社)

音駒高校戦もクライマックスへ・・・これぞ「ゴミ捨て場の決戦」!どちらも引かず、最終セットへ!
じわじわと烏野を追い詰めていく音駒チーム。特にセッター孤爪研磨の冷静な読みと作戦は凄みを増していきます。
捕らわれた鳥のように動けない烏野でしたが、それを切り裂くセッター影山飛雄の勇気ある一手!
314話の渾身の一撃までのセリフと画がもう最高で・・・しびれましたわ!
全力を出し切る両チームには、どちらにも勝ってほしいけど、そうはいかないのがこの世界・・・スポーツのおもしろさと醍醐味が味わえます!


広島ブログ



今月ようやく図書館に予約していた本が手元に・・・



宮下奈都さんの『とりあえずウミガメのスープを仕込もう。』。
食に関するエッセイで、宮下家の食卓が見えるような、温かくもちょっとピリッとしたスパイスを利かせた「らしさ」がいいですね!
小さな文章で構成されているので、家事の合間などでも読みやすかったです。
内容も、共感できることもあって、楽しく読めました。

これも図書館での予約本。



山下和美さん『ランド』6巻

1巻1巻ごとに、謎が解き明かされていくストーリーが秀逸です。
6巻はさらに核心に迫る内容で大満足!
7巻も予約中ですが、待ち遠しい・・・

次は、図書館で借りて試し読みして、ハマった漫画。



白井カイウ・原作、出水ぽすか・作画の『約束のネバーランド』
先日11巻が発売されて、ストーリーも一区切りを迎えたところ。
まだまだ先は長そうですが、読者をキャラクター同様スリリングな物語に引き込んでくれる作品です。
スピード感と冒険・友情・勇気・団結と、少年ジャンプの王道の要素がいっぱいです。

こちらは、まんが女子部メンバーよりお借りしている漫画。



言わずと知れた井上雄彦さんの名作『スラムダンク』
新装再編版を購入されたとのことで、一気に読ませていただけます!
有難い~☆
最近ゆっくりできる時間がなくて、お借りしたままですが・・・贅沢な一気読みが楽しみ。


広島ブログ



ドラマにもなった『野田ともうします』の作者・柘植文さんの漫画。



『幸子、生きてます』第一巻 (柘植文 講談社ワイドKC)

『野田~』が好きなタイプの方ならきっとウケるんじゃないかと思います。
ゆるくてシュールな漫画・・・いたって真面目な幸子さんの生き様は、可笑しいながらもどこか他人事ではない共感が持てる私です・・・。幸子さんにそんなつもりはなくとも、ギャグ漫画。



「金も幸も子もないものですから」の金子幸子、33歳独身、市役所勤務、婚活中・・・いつか幸せになってほしいと願わずにはいられません。


広島ブログ


このページのトップヘ