もう10年、いやまだ10年なんだろうな。
まだ見つかっていない方が、2千人以上もいらっしゃる。凄まじい数ですよね。
最後のお一人まで見つかりますよう、または手掛かりが見つかるよう、祈るしかありません。
目に見える復興は少しずつ進んでいるのかもしれないけれど、過去には戻れないし、悲しみはなくなることはない。

でも、生きている限り、前を向いていくしかない。
どんな悲しみでも、生きている限り乗り越えるしかない。
生きるってしんどいなと思った。自分だったら・・・怖いし自信がない。

10年前、3.11の翌日は娘の中学校の卒業式でした。
皆24時間も経っていない災害の光景に打ちのめされたまま、晴れやかであるはずの式に出席していました。
ただこうして、無事卒業を迎えられたことに、心底感謝した一日でした。
明日何があるかもわからない人生で、これからさらに羽ばたいていく15歳たちを見ていると、夢や希望を持って、そして昨日あった災害を忘れずに、子どもたちも親たちも生きなければならないと思いました。

10年は区切りでもなく、道の途中。
無理に笑うことはない。悲しいときには泣こう。
自分に出来ることをやっていこう。



ご訪問ありがとうございます☆

広島ブログ