少しずつ春が近づいている気配がします。

DSC03535_01

庭の椿に蕾がいくつもついていて、思ったより大きくなっていました。

DSC03533_01

クリスマスローズの新葉が出てきています。
花芽はまだ見えませんが・・・もうそろそろかな。

この土日は、穏やかな日差しがどことなく春めいてきて、寒くてガチガチの肩が少し緩んだように思います。
その代わり、花粉の症状が出てきて、薬は欠かせなくなっています。
ああ~、しばらくは花粉に悩まされるなぁ。


昨夜の『麒麟が来る』、泣けました。
信長と光秀はただの主従関係以上の友情で結ばれていたのに、こんな切ない展開に。
役者さんお二人の表情が物語っていて、素晴らしい本能寺の変でした。
今までいろんな「本能寺の変」を見ましたが、明智が謀反を起こしたという筋書きだけで、これほど心の奥深くまで描いたものはなかったですよね。謀反を起こすからには、そこに行き着くまでの葛藤があったはずなので、それが今回はしっかり描かれていて、単なる裏切り者の汚名返上ができたのではないでしょうか。
してやったり!という明智ばかりが演出上多かったけれど、これまでの振り返りを含めた二人の関係は実際こうだったんじゃないかと思わせるほど。
それはまぁ主人公が明智光秀だったからであり、謎の多い部分を照らし出したおかげなんですが。
最後、実は生き延びていたという説にたどり着いたのも、とても希望が持ててよかったと思います。

(家康を試しただけだから気にするなと言ったときは、はぁ?でしたが)茶でも飲んで暮らそうじゃないか、と言った信長の言葉は本心であったと思うと、クーデターの張本人が光秀かと涙なからに納得して微笑んだあの場面は本当に切なかった。

コロナで撮影も大変だったと思います。皆様、お疲れ様でした。



ご訪問ありがとうございます☆

広島ブログ