先日、2つの懐かしい映像を見ました。

1つは、BS12の『劇場版 銀河鉄道999』。
高校生の頃、友達と観に行った懐かしい映画です。
あの時も友達と泣いたこと思い出しました。今見ても泣けますね。
大人になった今とあの当時とでは、少し感じ方も違うのかもしれませんが。

泣けるのはラストシーンです。何度見ても名場面ですね。
城達也さんの名ナレーション、音楽とエンドロール・・・鉄郎が(CV:野沢雅子さん)メーテルの名を何度も叫ぶんですが、あの別れのシーンは魂がこもっていて泣けてきます。

劇場版なので、いろいろなエピソードは端折ってありますが、大事な場面が凝縮されてる内容です。
松本零士作品の主要キャラクター「ハーロック」「エメラルダス」「トチロー」・・・久しぶりに見た車掌さん、懐かしかった。
ハーロック最高☆ (なんでもしますから、アルカディア号に乗船させて!)
往年の声優さんの演技も素晴らしいです。
ゴダイゴの「Taking off」も久しぶりに聞きました。
名作は何度見ても名作・・・



もう一つは、NHKで放送された山口百恵さんの伝説のラストコンサート。
懐かしい歌の数々と、美しい百恵さんの姿・・・通しで初めて見ましたが、とてもよかったです。
ステージや衣装やメイクなど、時代も感じました。
引退したあの時21歳というのですから、自分や娘の21歳とは比べものにならない貫禄で、堂々としたものですね。ご自身で「わがまま」とおっしゃっていた引退も、筋の通し復帰することはなかった。
スーパースターとはこういうものだと、あらためて感じ入りました。

私はカラオケでよく百恵ちゃんの歌(横須賀ストーリー!)を歌うんですが、ついつい一緒に歌ってしまいました。もちろん家族がいない時間帯ですよ。(;^_^A (原曲キーが一番合う歌手なんです。)

当時は大ファンということでもなかったんですが、やはり時代を代表するスターですからね。
結婚式の日、高校生だった私たちは、掃除時間にテレビのある部屋(視聴覚室だったかな)でワイドショーを見ていました。
(掃除の手を止めて。)
それはそれは、教会で白いドレスの百恵ちゃんは美しくて、友達とため息ついて見ていました。
先生も見て見ぬふりで、適当にいい時代だったなぁ~。。。




ご訪問ありがとうございます☆

広島ブログ