トランプ大統領がコロナで入院されましたが、ご高齢だから心配ですね。
さすがのアメリカ大統領でも、病には勝てない・・・。イギリス首相も罹ったことありますから、人にまみれる政治家の皆さんは要注意なのでしょうね。
これでますます中国に恨み節を言いそうですが、早くそれくらい元気になられますように。


昨日は牡蠣を食べられない私以外の夫と娘で、牡蠣を食べに廿日市のどこかへランチに行きました。
娘も牡蠣は苦手なんですが(給食や宴会の牡蠣フライはしぶしぶ食べるそうですよ)、昨日は獲れたての牡蠣のフライや佃煮のようなものがめちゃめちゃ美味しかったらしく、今までの不味い牡蠣フライとは比べ物にならない!と言って、牡蠣嫌いを克服して帰ってきました。

定食と網で焼いて食べる牡蠣何キロかをたらふく食べてきたそうです。

私が嫌いなので、家で牡蠣料理が出てくることはありません。
食べたいなら他所で食べてねと言ってますから、私はいつものテキトーなお昼ごはんでいいんですけど。
嫌いでいるよりは、好き嫌いがひとつでも減るなら、こんな喜ばしいことはないですね。

夫は何度か牡蠣にあたったことがあるんですが、それでも牡蠣を食べたいと毎年言ってます。
牡蠣好きな人は、あたってもあたってもよく食べますよね・・・そこがちょっとすごいと思いますよ。

若い頃、それまで何ともなかったサバのお刺身に突然あたったことがあります。
長崎は新鮮なサバが水揚げされるので、よく家庭や宴会でお刺身にして食べるんですが、猛烈に忙しかった仕事の打ち上げで出たサバの刺身で蕁麻疹が出てしまいました。
疲れていたからだろうと深夜の救急外来で言われましたが・・・
それ以来、生のサバはもちろん、しめさば、焼きサバ・・・サバ料理は食べる気がしませんでした。

結婚して十年くらい経ち、レパートリーもないし、思い切って?塩サバを焼いて食べたのが、久しぶりのサバでした。
元々サバは好きですから、塩サバのおいしかったこと・・・
それからは煮たり焼いたりのサバは食べるようになりましたが、未だに生やシメサバは怖くて食べられません。
新鮮なサバのお刺身、おいしいんだけどなぁ・・・。




ご訪問ありがとうございます☆

広島ブログ