菅政権が昨日発足しましたね。
期待はしていませんが、それでも庶民から上がってきた新総理には、どこか期待するところがあるのも正直なところです。(少なくとも今の野党よりは期待していると言える。)

高齢者が目立つ組閣は、まともな仕事をしてくれればそれでよいので、年齢にはこだわりません。
政治空白を避ける意図は伝わるし、女性の登用が少ないという声もありますが、仕事のできそうな女性がいないと解釈すれば、男女に関係なく仕事できる人材であればいいと思います。
(実際、この人なら!という女性議員は見当たらない。)
が、結局二階さんや麻生さんの思惑が糸を引く感じは否めませんね・・・菅さんがどこまで調整力を発揮できるか?にかかっているように思えます。

早速、河野さんが閣僚会見について物申したようです。(深夜に及ぶ会見は前例主義、こんなのやめたらいいと)
こういう方が突破力を発揮して、おかしなことを改善していけば、菅政権は悪くないものになっていくかもしれませんね。
国内外にはっきりものが言える(それもピント外れではないことが重要)河野さんには期待しています。

暢気な状況ではありませんが、しばらくはお手並み拝見です。



ご訪問ありがとうございます☆

広島ブログ