今日は4月に予定していたスクラップブッキングのワークショップ講師として参加してきました。
延びたのはもちろんコロナ禍によるものです。
今日は参加人数を半分にしての実施でした。それでも6名の方にご参加いただき、1時間弱の楽しい時間を過ごしてきました。
場所は、廿日市市陽光台の平良児童館です。

DSC03191_01

1歳半前後のお子さんをお持ちのお母さん方が参加してくださいました。
傍らでお子さんたちを遊ばせて、ひと時の息抜きにクラフトに参加です。

DSC03190_01

皆さんスクラップブッキングは初めてとのこと。
見慣れない材料などに興味を持っていただけました。

DSC03193_01

私のほうでカットできるものなど揃えて「キット組」にして持参したんですが、準備にひと手間かかりますが、やっぱりある程度作業しておいてよかったです。
お子さん次第では、なかなか集中しにくい場合もありますし、小さいお子さんがハサミなどの危なっかしい道具に触れる機会も減らせます。

DSC03196_01

ほとんど貼るだけの簡単作業で完成!
かわいい☆作品が皆さん出来上がりました!

DSC03197_01

事前にお知らせして、お写真を持参していただいたのですが、愛らしい赤ちゃんや幼児さんの写真がピッタリのレイアウト・・・皆さんの嬉しそうなお声や表情が、こちらも嬉しかったです。

コロナ禍で、集まって何かをすることが難しい昨今ですが、始める前と後にはアルコール消毒、大人はマスク着用、密にならない配置など、最低限のことは気を付けて実施しました。
お子さん方についてはなかなか難しいのですが、不特定多数ではない中で参加者の追跡も可能な顔見知りで行うものについては、何とか開催できそうだなぁと、私は主催者が充分配慮されてやるのであれば、協力させていただこうと思います。

お母さん方も、子ども同士遊ばせたり、お母さん同士でコミュニケーションしたりする時間を楽しみにされていますよね。
児童館の職員さん2名も子守りに参加してくださるので、安心してワークショップで息抜きできる貴重な場所だと思います。

私も久しぶりに小さい子たちに囲まれて、若くてきれいなお母さん方にお会いして、元気をいただきました!
ありがとうございました☆(*´▽`*)



ご訪問ありがとうございます☆

広島ブログ