今日は『俳句ポスト』の人選・並選発表の日。
今回のお題は『梅雨寒』でした。
今日が「梅雨寒」にピッタリの気候ですよね・・・でも作ったのは5月の連休ごろだったけな?
少し季節前倒しで考えないといけないところが、お題の難しさでもあります。(私だけ?)

今回も安定の並選でした。
毎回自信などありませんが、特に今回はいつにも増してちょっとなぁと思うもの3作で、並選すら無理なんじゃないかと思ってまして、1つ拾ってもらえてよかったです。
でも、自分の中では2番手の位置づけだったもので、自身の感触との違いもありますね。

『梅雨寒やほのかにぬくい蛍石』

肌寒い梅雨寒だから、いつもはひんやりと感じる天然石も、なんとなく温かく感じるわ~という句意です。
蛍石とは「フローライト」という石で、注釈をつけさせてもらったのは、「蛍」が季語のひとつなので、パッと見て季重なりと思われてはいけない、と思いまして・・・。

広ブロ俳句部の皆さまの結果は、すっかり安定の人選組(⑦パパさん、Dr.でぶさん、ツユマメ末っ子さん)おめでとうございます!
惜しくも並選だったのは、ツユマメさん、かたちゃん、季切少楽さん、研知句詩さん、です。
季音句歩さんは、よしあきくんセレクト!
スクショもできなくて、講評などまだまだムリですので、詳しいことは皆さんのブログでお願いします。


追記:
⑦パパさまのご指導で、「ぬくい」は春の季語だとわかりました。
名詞は気にかけて歳時記で調べるんですが、形容詞まで気が回ってないですね。
結局「季重なり」になってしまいました。(;´Д`A ``` やらかしたー。



ご訪問ありがとうございます☆

広島ブログ