昨日の続きです。
ワークショップの紹介・・・最後となります。
午後の部の2階・研修室で行った3つのワークショップをご紹介します。

まずは、季節の切り絵・・・講師は『季切少楽(きせつしょうらく)』さまです。



黒の紙を切って、千代紙や和紙で彩りを・・・
デザインはすべて、季切少楽さまのオリジナルです。



はじめに「桜のしおり」を切って、ウォーミングアップ!



続けて、2種類の図案のうち、好きなほうを切っていきます。



手元に集中したり、おしゃべりしたり・・・
皆さん楽しそうです。



ひたすら切る!を繰り返して、だんだんと出来上がってきましたね。



千代紙を選ぶのも楽しいです☆
それぞれに印象が変わって、個性が出ますよ。



金魚が出来上がりました!
とってもきれいですね~☆
フレームも付いているので、持ち帰ってすぐにお部屋に飾れます!

全員ぶん写真がないんですが・・・
季切少楽さまのブログで紹介されていますので、こちらもご覧ください。


さて、次はハーブ石けんづくり。講師の先生は『SUN SHINEハーブスクール』さまです。



はじめに、ハーブについて、作業についての説明を受けます。



ハーブに興味のある参加者の方々・・・うなずきながら、真剣に聴いていらっしゃいました。



実験器具のような道具やいろんなバーブが並んで、ワクワクしますね!



会場には、ハーブのいい香りが漂っていますよ。
画面からお届けできないのが残念・・・。



型に流し込んだものが固まるまで、あと少し・・・



ラップに包んで、出来上がり☆
日々使うのが楽しみですね!

SUN SHINEハーブスクールさまのブログでも紹介されています。
こちらもご覧くださいね!


ワークショップ紹介、ラストは陶芸・・・講師は『土遊び工房 NAKAURA』さまです。



「ろくろ」を使った本格的な陶芸の体験ができます。
作品は見本にこだわらず、好きなものを作れるとあって、皆さん思い思いの陶器を作っておられますよ。



参加者の希望に合わせて、先生が丁寧に教えてくださいます。



初めてという方も、とてもお上手です。



皆さん丁寧に、器用に形作ってらっしゃいます。



大人の定員に達していなかったので、お子さんも急きょ参加してくれました。



先生の教えを、真剣に聞いています・・・



陶芸は、2週間後に先生のアトリエで釉薬を、その後焼成という段階を踏んで、完成となります。



皆さんの作品は、大事に先生が持ち帰られて、次の工程を待つことになります。
どんな色にしようか・・・どんな模様にしようか・・・作りながら、皆さん考えてらっしゃいましたよ。

完成が楽しみですね!


どのワークショップも、時間内は心地よい集中で、素晴らしい作品が出来上がっていました。
道具や材料は先生方におまかせして、初心者でも2時間ですてきなハンドメイドを体験できます。

こういう機会に、ぜひ「やってみたかった」「試してみたい」を実現してください!
お気軽にご参加いただけます。

前準備から当日の体験まで、先生方には大変お世話になりました。
そして、参加者の皆さま、楽しいひと時をご一緒できて感謝です。
お疲れ様でした。ありがとうございました☆(*´▽`*)

またの機会に、お会いできますように。



広島ブログ