今朝は小学校で読み聞かせの活動でした。
『もりのかくれんぼう』(末吉暁子・文 林明子・絵 偕成社)という、秋にぴったりの絵本を読みましたよ。



画像で、小さくみえるのが普通の絵本、大きいほうは「ビッグブック」または「大型えほん」と呼ばれる絵本です。
読み聞かせの活動をしている方はおなじみかもしれませんが、家庭でビッグブックを買うことはめったにないと思います。(お値段も半端ないです。)
私たちも図書館で借りて利用していますよ。

通常版をただただ大きくしただけなんですが、大勢を前に読み聞かせするときは、この大きさなら隅々までよく見えますね。紙芝居よりも大きいです。
大きい絵本が登場しただけでも、子どもたちは「わぁ~!」っと喜んで見てくれます。
もちろん、手で持って読むのはムリです・・・

すべての絵本がビッグブックになるわけではありません。
主に人気のある絵本、語り継がれる絵本がビッグになる条件のようです。

森の中に「隠し絵」で隠れている動物たちを見つけては、楽しく盛り上がる1年生がとてもかわいかったです。
前に出てきて、指さす子もいたりして・・・それにしても、上手く隠れているんですよ。林明子さんの絵がすてきです。


広島ブログ