今日は、娘と二人で広島市現代美術館で開催中の『交わるいと 「あいだ」をひらく術として』展へ行ってきました。
(招待券があったので・・・)



糸、布、空気が織りなす様々な表現に、すっかり引き込まれました。
繊細で大胆、柔軟な発想に刺激を受けます。

素材としての「糸」を意味すると同時に、作り手の「意図」でもある、との言葉を胸に、インスタレーションを確かめていきました。
糸に導かれて、静かだけれど躍動的な空間に身を任せましたよ。



3月4日まで開催中です。


広島ブログ