図書館に予約していた本(漫画)が届きました。
やっと・・・です。かなり待ちました。(なにせ世間では5巻が発刊済み)」



『ランド』4巻 (山下和美 講談社モーニングKC)

さすが山下和美先生というストーリー運びです。
そして、読者をじらすのが上手い!(;´Д`A ```
第一巻のラストの衝撃から、1冊ごとに薄皮が剥がれるように謎が解けていき(それがけっこう衝撃的!)、逆に深まる謎もあり・・・新刊が待ち遠しくてたまらない作品です。

ネタばれにならないように書くと、あの世とこの世、双子の少女、都会とムラ社会・・・いろんな意味で苦しいほどの「対比」が際立つお話で、先がまったく読めません。
ネタばれどころか、さっぱりわからない説明ですが、読めばわかる( ´∀`)bグッ!

暗に先行き不安な現代社会を、真っ向からフィクションに込めて描いているのでしょう。
見えている世界、知っている世界、というのは、ほんの一部分でしかない・・・。

山下先生、さくさくお仕事して、新刊どんどん出してくだだいませ!
待ってます。(まずは図書館の5巻を待たねば・・・)


広島ブログ