ハリー・ポッターシリーズの最新刊、『ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部』(静山社)を読んでいます。



まだ途中なんですけど、コレ・・・シナリオ形式で書かれているので、非常に読みづらいです。
慣れてはきましたが、まだ違和感あります。
脳内で、キャラクターがお芝居しながら進んでいる感じですね。
本音を言えば、前作までのような物語で読みたかったかなぁ。
中身は相変わらずの面白さ。すっかり大人になった(父となった)ハリーと子どもたちのお話です。