土曜日、長崎から周南市にやってきた友達と合流して、周南市美術博物館で開催中の『島田ゆか絵本原画展』へ行きました。



島田ゆかさんは、絵本『バムとケロ』や『ガラゴ』などの人気作品で知られている作家さんで、デビュー20周年記念の原画展です。
特に代表作・バムケロは、思ったより多くの作品が展示されており、たっぷりと島田さんの世界を楽しむことができました。土曜日の午後ということでたくさんの大人と子どもが来館されていましたよ。



会場を入ったところには、撮影OKのバムケロ・コーナー!
ぬいぐるみと一緒に撮影できましたよ!記念の一枚となりました☆



島田さんの特徴である「細かな書き込み」や「本編以外の小さなストーリー性」など、原画の隅々までしっかり見ることができます。
いやぁ~~~やっぱり原画はいいものですね~~!
感動した!ホントきれい!
島田さんは、しっかりと色をのせて描くイラストタッチですので、絵の具の厚みや奥深さが原画ではよくわかります。
細~~~い筆で書き込んだであろう小物など、改めて見ると本当に見事です!
細部まで行き渡った作品への愛情が感じられました。

私の好きなケロちゃん、友達の好きなおじぎちゃん・・・どれもカワイイ~~☆

常設展の『まど・みちおコーナー』にも立ち寄り、周南市出身であるまどさんの世界も堪能できました



一通り楽しんだあとは、ちょっと一休み・・・館内のカフェテラスでお茶しましたよ。
こちらのスペシャルメニュー『ちいさなまどセット』です。
飲み物と小さなお菓子(和菓子or洋菓子)が選べます。
器やスプーンなどに「ぞう」のモチーフが付いていて、見た目にもとってもかわいいセットです。
(まど・みちおさんの「ぞうさん」に因んで・・・。)

窓の外は、霧が出る噴水・・・緑と池を眺めながらおしゃべり・・・
とっても楽しいひと時でした。

さて、まだまだ続きがありますよ。
続きはまた次回に・・・