宮島紀行もおしまいです。
グルメじゃない私たち一家の「食べたもの記録」。

娘が一緒のときは、必ず食べる「揚げもみじ」です。



揚げたてのサクッとした感触が、いつものもみじ饅頭とは違うおいしさ。

次は、去年 娘が立ち寄って食べたらおいしかったからリピートしたい!と行ってみたお店・・・



杉養蜂場の直営店にある「はちみつ・きなこソフト」(父母)と「ゆず蜜ソフト」(娘)。
まぁ確かにおいしかったです☆
ほどよい大きさのカップに入っているので、スプーンで味わいながらまったりといただけます。

ランチは、めあてのあなご飯やさんが売り切れになっていたので、歩き回って「みやじま食堂」という料理研究家の藤井恵さんプロデュースのお店にたどり着きました。



私と娘が注文した「穴子づくし定食」です。



づくし、というのは、あなご飯、あなごの南蛮漬け、あなごの骨せんべいが並んでいるから。



あなご飯 ↑ あなごの味付けは濃いめでした。(もう少し薄味でもよかったかな・・・)



その他サイドメニュー ↑ 骨せんべいがおいしかったな~。真ん中はお漬物です。

ちなみに、夫は「牡蠣フライ定食」を選択して、その牡蠣にあたったらしく、次の日地獄を見ました。
(揚げた牡蠣でもあたるのかわかりませんが・・・私は牡蠣が苦手なので、よくわかりません。)


宮島を後にして、日帰り温泉に寄り、日が長くなったことで日焼けしそうな露天風呂でくつろいで・・・
夕飯は、帰りの道沿いにあるイタリアンのお店が満員で、(一軒目はことごとく入店できない日でした。)
次に目に入った「まいどおおきに食堂」系「廿日市食堂」に入りました。



この系列も久しぶり・・・
どのおかずにしようかな~とわりと真剣になりながら・・・あれこれ取ってしまいました。



注文してすぐに焼いてくれるネギ入り玉子焼きがおいしかったです。
メインは鶏肉と野菜の甘酢あん。
他は、大根おろし、冷ややっこ、明太子、茄子の煮びたし・・・

そのあとはTSUTAYAなどに寄りながら、ぐだぐだの一日は暮れていきました。