開催期間が一週間を切った『生誕100年 ターシャ・テューダー展』へ行ってきました。
行きたい!と言っていた娘の授業が休みだったこともあり、母娘で会場の広島そごうへ。
多くの方が訪れてらっしゃいました。



会場内で唯一「撮影OK」の再現されたお庭。

ターシャの暮らしぶりがわかるパネルや展示品がたくさんありました。
私は主に絵本の原画を楽しみに、娘はドールハウスがお目当てでした。
使い込まれた日用品には、自然や暮らしを愛しむ心があふれていますし、絵本の挿絵は温かくて美しいものばかり。ため息が出ますね・・・。
娘が楽しみにしていたドールハウス・・・丁寧な作りで本物仕様の家具や道具たちに、思わず声が出てしまうほど素敵でした~☆

ターシャが残した言葉の数々にも、あらためて元気をいただきました!

服を触っていたおばさま方が叱られておりましたが・・・いい年してマナーを守れないのかと、ちょっと情けなくなりながら会場をあとにしましたよ。


お昼は、駐車場代を浮かせるために、同じく広島そごうのレストラン街にある『みっちゃん・雅』へ初めて入りました。



こじゃれた店構えに「雅」という名・・・おずおず入ってみると、普通にお好み焼き屋さんで安心しました。
いつもの、イカ天・肉玉そば。
鉄板のようなお皿?が、このお店らしいのかな・・・。
おいしかったです~☆

あとは買い物をして・・・
(パティスリー・イマージュのケーキ)



特設のチョコレート売り場などをうろうろして・・・。(ルタオの生チョコを試食で勧められ・・・ラッキー☆)

家に帰って、ポストカードを眺めながら、余韻に浸っております・・・。