久しぶりに、よしもとばななさんの本を読みました。

『さきちゃんたちの夜』 (よしもとばなな著 新潮社)



5編の短編~中編小説集で、それぞれに違った「さきちゃん」が登場します。

どれもいい話だなーと思いました。
特別すぎるエピソードはなく、淡々とした日常に起こるちょっとした事件というか出来事みたいなことを、ばななさん流の静かな語り口で物語るおはなし。
時間の流れや過去・・・今だからわかる、みたいな思いが鮮やかに描かれています。

「ほしよりこ」さんの装丁にも惹かれた一冊です。