今週は『俳句ポスト365』の投句結果発表です。
兼題は「雛祭」。古来からある行事で季語なんですよね。
おそらく類想沼は海のように広く?、正直ボツ覚悟でした。

結果は、並選で拾っていただきました。


『ひな祭り牛車の段に黄のトミカ』


苦し紛れ感がダダ漏れの句ですよね・・・(;^_^A
句意は見たまんまで、現代の乗り物が牛車の横に置いてある→子どもが置いたのか、大人が憧れのスポーツカーを置いたのか・・・そんなイメージです。
緋毛氈に黄色というコントラストを描いてみたのですが。

おめでたくはないけど、ボツ回避で、まぁひと安心かな。
もっと余韻のある句が詠みたいものだ・・・。(それができれば、人選なんだよな、きっと。)


他の方の句を見ても、投句はしてないけど自分が作った句と同じような俳句が幾つかあって、やっぱり似たような発想になるよなぁ、なんて冷や汗ものでした。
この手の兼題は、ほんと苦手。難しいです。
明日以降の人選句以上の作品を、しっかり鑑賞させていただきます!



ご訪問ありがとうございます☆

広島ブログ